FC2ブログ
| ホーム |


スポンサードリンク


お葬式でのマナー

霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう

お葬式と言うのは、何の前触れも無く、いきなり訪れます。
そのため、予行練習をするといった事もないと思います。
ですから、これを機会に、一回整理しておいた方が良いと思います。


お葬式とは、突然訪れるものです。
だから、予行練習も準備もできないまま、お葬式に臨むことが多いと思います。
お葬式のマナーを熟知していればOKです。
しかし、これが結構難しいですよね。

お葬式に参列したときに、一番悩むのはなんでしょうか?
服装や装飾品に関しては、言われなくても知っているひとが多いと思います。
私個人としては、焼香で一番悩みます。

では、一般的な焼香の手順は、どんなものなのでしょう?
①遺族・僧侶に向かって軽く一礼する。
②焼香台に進む。
③遺影に一礼する。
④数珠は、左手にかける。
⑤頭は少し下げたまま、器に入っている抹香を、右手の親指と人差し指と中指で一つまみする。
⑥焼香を目の高さまで掲げる。香炉の上で捲くように落とす。
⑦一歩下がって合掌、深く一礼する。
⑧遺族や僧侶に一礼する。

⑤⑥の回数も一回だったり、二回だったり色々ありますよね。
これは、宗派によって違うそうです。
ですが、あまり拘らなくても大丈夫なのだとか。

葬儀の場合は、僧侶や葬祭業者の人が案内してくれます。
因みに、遺族の方への挨拶は軽く会釈程度で・・・長話はやめます。
言葉も「この度はご愁傷様でした」程度にとどめた方が無難です。

出棺の際は、霊柩車が走り出す直前に頭を下げて、手を合わせます。
家に帰って塩をまくのが、お清め塩です。
その名の通り、塩で穢れを払い、身を清めるという意味で、胸元・背中・足下に塩をかけます。
でも、やらない方針の宗派もあるそうです。

最近、塩は葬儀の時にもらうことが多いです。
このように、最低限のことは知っておくと安心でしょう。

スポンサーサイト



霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう


霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう

| ホーム |