FC2ブログ
| ホーム |


スポンサードリンク


手元供養

霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう

手元供養と言う言葉は、ご存知でしょうか?
誰でも、最愛の家族が亡くなった場合、いつまでもそばにいたいとか、離れたくないと思うと思います。
中には、遺骨の一部を自宅に置いていたり、アクセサリーなどに加工して、身に付けていたりする人もいると思います。
このように、遺骨の一部を大切にそばに置いておく事を、手元供養と言います。


最愛の家族が亡くなった場合、いつまでもそばにいたい、ずっと離れたくない、と誰しもが思うのではないでしょうか。
そのような人の中には、手元に故人の遺骨の一部を置いておいたりする人もいます。
このように遺骨の一部を使って、アクセサリーなどに加工したものを肌身離さず身に付けていたり、自宅などに遺骨の一部を大切に置いておくことによって、故人をいつまでも偲ぶことを「手元供養」と言うようになりました。

最近では、手元供養用に、
・金属やガラスで出来た小さい骨壷
・骨壷だけど見た目はオブジェに見えるもの
・遺骨を中に入れられるペンダント
などがあります。
ペンダントなどは、肌身離さず持ち運べるので、いつでも故人を偲ぶことができます。

「手元供養」をする人にも、色々な理由があるようです。
・先祖代々のお墓が遠くにあり、お墓参りが難しい
・最愛の家族を遠くには葬りたくない
・経済的な問題で、お墓がない
・仏壇や位牌では故人を偲べない
・お寺の僧侶に任せるのではなく、自分で供養したい
という場合など、さまざまな理由で「手元供養」を選ぶ人が増えてきているのです。

最近は、核家族化してきています。
そのため、亡くなった家族が最後の肉親で、遺族が一人ぼっちになってしまった、というケースも少なくないかもしれません。
そのような場合、遺骨の一部をそばに置いておく事により、いつまでも身近に感じることができるでしょう。

昔ながらの供養の形とは違ってきています。
でも、遺族が供養したいと思う方法で、故人を供養していけばいいと思います。
故人を悼む気持ちがあり、他人に迷惑をかけないのなら、どんな形でも供養になるはずです。

スポンサーサイト



霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう


霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう

| ホーム |