FC2ブログ
| ホーム |


スポンサードリンク


お葬式での香典

霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう

香典と言えば、表書きの書き方から悩んでしまいませんか?
どういった時が「御霊前」で、どういった時が「御仏前」なのでしょうか?
それ以外にも、いくら位包めば良いのか、相場を知っておきたいと思いませんか?


香典袋の表書きでよく使われるのが、「御霊前」です。
水引きの上、中央に書きます。

基本的には、多くの仏式で、四十九日までは「御霊前」、四十九日後は「御仏前」と書くようです。
ただし、浄土真宗や曹洞宗などの禅宗は、御霊前はなく、「御仏前」になります。
悩む場合は、「御香典」「御香料」「御供料」のような中立的な表記がいいでしょう。
キリスト教では、「御霊前」「御花料」、神道では、「御玉串料」「御榊料」などを使います。

表書きを書いたら、水引きの下、中央に差出人の氏名を少し小さな字で記入してください。
裏面には、下段左側に差出人の住所と金額を書くようにします(中包みがある場合は中包みに書く)。
香典袋に記入する筆は、薄墨が基本です。
でも、急ぎの場合は、黒文字でもいいようです。

金額についての目安は、(あくまでも目安。故人との付き合いの深さによって金額は変わる)
近隣の人    3千円~1万円
友人・知人   5千円~1万円
関係者     5千円~3万円
ご親族     1万円~3万円
ご家族     5万円~10万円

「4」や「9」の入った金額は、できるだけ避けましょう。
偶数は、2万以外は避けるようにします。

香典袋は、黒・緑・藍・青・グレー系の色のふくさに包んで持って行くのがマナーです。
渡すタイミングは、通夜か葬儀のどちらかに受付で会葬者名簿を記入する際に一緒に渡します。
渡す際には、「このたびはご愁傷様でした。」などのお悔やみの言葉を付け加えてください。

スポンサーサイト



霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう


霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう

| ホーム |