FC2ブログ
| ホーム |


スポンサードリンク


お墓の永代供養

霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう

永代供養のお墓があるという話を聞いたことがあります。
実際にお墓を守ってくれる人がいない場合、お寺が変わりにお墓を守ってくれるのが、永代供養のお墓です。
そこで、永代供養のお墓について調べてみました。


将来、そのお墓を供養する子孫がいなくなった場合でも、お寺が供養や管理をしてくれるお墓のことを永代供養のお墓と言います。
永代供養のお墓は、宗旨や宗派の関係なく供養することができます。
墓石がないので、その分かかる費用が安く済みます。
永代供養のお墓にもいろいろな種類があります。
予算や好みに合わせて、生前に選んでおくといいかもしれません。

外観の違いとしては、
・屋外施設型(納骨壇型・納骨塔型・墳陵型など)
・屋内施設型(霊廟型・室内ロッカー型など)
・墓石型(一般的なお墓のままで一定期間供養した後、合祀)
があります。

安置方法にも、
・骨壷を故人ごとの専用安置場所に安置する個別安置型
・他の故人と共通の安置場所に安置する集合安置型
・お骨を骨壷から出してしまい、墓所内にあけてしまう合祀型(遺骨が混ざってしまうため、改葬ができない点に注意)
・個別永代供養付き墓石安置型
などがあります。

外観・安置方法は、予算や供養したい気持ちに応じて選択できるでしょう。
たくさんの故人の遺骨を一括管理している納骨堂よりも、なるべく信頼できるお寺に永代供養をお願いする方が、丁寧に供養してもらえるはずです。

遠くにある先祖代々のお墓から、遺骨を自宅の近くのお墓に改葬したいという場合は、先祖代々のお墓がある市区町村役場から「改葬許可申請書」を、納骨しているお寺からは「改葬承諾書」をもらい、先ほどの市区町村役場で「改葬許可証」を発行してもらいます。
お寺から遺骨を貰い受け、墓地を改葬してお寺に返し、納骨するお寺に遺骨と改葬許可証を持って行き、永代供養のお墓に納骨してください。

スポンサーサイト



霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう


霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう

| ホーム |