FC2ブログ
| ホーム |


スポンサードリンク


直葬

霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう

最近、直葬を希望する人が増えています。
かつては、仕方なく直葬、ということがあったようです。
しかし、時代が変わり、最近では、本人の希望であったり、遺族の希望で直葬が執り行われることが増えているそうです。
直送とは、葬儀を執り行わずに、直接火葬場へ遺体を運んで、そのまま荼毘に付すというやり方です。


近年、「直葬」が増えてきています。
どのような葬儀を、直葬というのでしょうか。
直葬では、葬儀を行いません。
葬儀を行わずに、遺体を直接火葬場へ運び、そのまま荼毘に付すというやり方が、直葬になります。

以前は、
・葬儀を行いたくてもお金がなくて出来ない人
・身寄りがなく葬儀を行う人がいない
・亡くなられた人が高齢の人で参列者が少ない
などの場合に、半ば仕方なくといった感じで、直葬を選択しておりました。

しかし、現在では、違う理由で直葬を選択する人が多くなってきているようです。
故人が生前、金銭面で家族に負担をかけたくないという理由で直葬を望み、遺族が故人の意思を尊重して直葬を選択するというケースや、遺族が故人の葬儀にお金をかけたくない(お金がないわけではなく)と考えて直葬を選択するケースなどなど・・・。

葬儀ともなると、ご隣近所からお手伝いに来てくださったりして、多くの人のお世話になります。
それが申し訳ないと言う気持ちが強い、もしくは、わずらわしいという気持ちから、直葬を選ぶケースもあるみたいです。

直葬では、料金が安く済むということがあります。
でも、昔ながらの葬儀に慣れてしまっている人たちにとっては、葬儀がないということで、故人との別れを惜しむ場がなくなり、残念がる人も多いと思います。
また、残された家族も、「葬儀」という儀式をすることによって、故人の死を現実として受け止められると聞きます。

故人との別れの場を設けることは、決して無意味なことではないはずです。
それが、立派なものである必要はないのです。
例え質素でも、しめやかな葬儀を執り行い、故人との思い出を懐かしみ、静かに見送ってあげることも大切でしょう。

スポンサーサイト



霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう


霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう

| ホーム |