FC2ブログ
| ホーム |


スポンサードリンク


自然葬

霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう

「自然葬」と言うのは、「遺骨を自然に還す」という考え方から生まれた方法です。
最近では、個性的なスタイルの葬儀が増えてきています。
その中でも、自然葬を選ぶ人も増えてきているようです。


最近では、故人が生前にプロデュースするなど、個性的なスタイルの葬儀が増えています。
中でも、「自然葬」を選ぶ人も、増加の傾向にあるようです。
自然葬とは、「遺骨を自然に還す」という考え方から生まれた方法です。
一般的な「自然葬」のスタイルは、細かく粉末状に砕いた遺骨を、自然の中にまく「散骨」になります。

自然葬という言葉は、1991年「葬送の自由をすすめる会」によって作り出された造語です。
戦後、散骨は行われていませんでした。
そんな矢先に、同会が「節度あるやり方を守れば、散骨は違法にならない」と主張しました。
そして、当時の法務省や厚生省も、「散骨は違法にはならない」という見解を示し、自然葬が確立していきました。

代表的な自然葬には、「海洋葬」と「樹木葬」があります。
海洋葬は、海に散骨する方法です。
いくつかの決まりを守ることになっています。
遺骨は、2mm以下のパウダー状にすることや、漁場や釣り場を避けた、陸地から5km以上離れた海上で行うことなどです。

遺骨のパウダー化は、遺族が行います。
故人の愛用品の文鎮や、ゴルフクラブなど、硬いもので粉骨します。
粉骨することに抵抗があった人も、実際にやってみると、「粉骨している間、故人をゆっくり偲ぶことができて良かった」という感想を持つのだとか。

樹木葬は、散骨とは違い、墓石の代わりに樹木を植え、その下に遺骨をそのまま埋めるというやり方になります。
樹木葬は、自然葬の中でも、今までのお墓に納骨して供養するというやり方に似ているかもしれません。
墓石が樹木に変わっただけです。
しかし、遺骨を骨壷に収めることなく埋めますので、いずれ遺骨は自然に還るはずです。

スポンサーサイト



霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう


霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう

| ホーム |