FC2ブログ
家族葬| ホーム | お葬式での香典


スポンサードリンク


キリスト教での葬式

霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう

キリスト教のお葬式に行ったことがある人はいますか?
これからキリスト教のお葬式に列席する機会があるかもしれません。
そこで、今回は、キリスト教のお葬式について説明します。
イザと言うときに、参考にしてください。


私はまだ行ったことがないのですが、お葬式の宗派の中には、キリスト教のお葬式があります。
キリスト教のお葬式は、仏教とはまた考え方が違い、供養という意味は持っていないそうです。
キリスト教ですから、基本的には教会で神父(牧師)によって行われます。
カトリック式とプロテスタント式とがあります。

仏教と違って、焼香は行いません(最近は焼香を行う場合もあるそうです)。
代わりというわけではないですが、葬儀の最期に献花を行います。
花は菊かカーネーションが一般的です。
献花の仕方にもマナーがあります。

ちなみに献花のマナーとはどういったものでしょう?
①祭壇に向かい、遺族に一礼する。
②用意された花を両手で受け取る(右手が花で左手は茎が基本)。
③茎の部分が霊前に向くように持ち替える。
④献花台に置く。
⑤指を組み、頭を下げて、黙祷する。
⑥少し下がって遺族や神父(牧師)に一礼する。
こういう感じのようです。

仏教ではないので、合掌はしません。
黙祷になります。

葬儀は聖書を朗読したり、賛美歌が歌われ、祈りが捧げられます。
式に使用される聖書の一節や、賛美歌は受付で渡されます。
だから、知らないからといって心配する必要はありません。
通夜にあたるものは、前夜式といいます(前夜祭ともいいます)。
お酒は、飲みません。

通夜振る舞いと違って、料理やお酒などの会食はなく、お茶菓子や軽食程度のようです。
葬儀の後の会食も、基本的にはないようです。
終わった後のお清め塩なども、もちろんありません。

日本ではあまり馴染みがありません。
ですが、今後は増えてくるかもしれません。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう


霊園と墓石.netで霊園を探そう 霊園と墓石.netで霊園を探そう

家族葬| ホーム | お葬式での香典